取引と仕訳と転記

 

 企業は軍資金が必要です。これを元手といいます。また、経営者と企業は切り離して考えて下さい。例えば、社長が趣味で自分のお金を使ってキャバクラに行ったとしても、それは簿記の取引ではありません。また、企業がある企業との間である契約を結んだだけ(「ちょっと商品10個欲しいんだけどなぁ」)のレベルでは、やはり簿記上の仕訳にはなりません。つまり、何かしら資産や負債が増減する取引を行うことで簿記の出番となるわけです。

 

 処理の流れは、「取引→仕訳→総勘定元帳に転記」、となります。最終的に総勘定元帳という帳簿で簿記の要素(現金など)を集計して財務諸表が作成されます。ポイントは取引をうまく「仕訳」できるか?です。「仕訳」というのは簿記の世界の言語です。取引の内容をうまく簡潔に伝達するために、左(借方)と右(貸方)に分けて、増減する要素(勘定科目)と金額を記入するだけです。これ以上、シンプルで合理的な方法はいまだ発明されていません。

 

 例えば、「100万円の借金をした」という取引なら、

 

(借方)現金100万円/(貸方)借入金100万円

 

 という仕訳をおこないます。現金が増えたことと借金も増えたことが明らかなので、その両面を説明してあげるだけなのです。これが仕訳の役割です。

 

 次に総勘定元帳への転記です。上記の仕訳の内容を集計してあげると現金の残高などが簡単に確認できます。

 

次に手もとの現金で商品を買ったらこんな仕訳(処理)をします。

 

(借方)商品100万円/(貸方)現金100万円

 

これを転記すると・・・

 

 

 現金は左に100万円あったけど、右に100万円入ってきたので、残額がゼロになりました。そのかわりに、商品が100万円分増えたのです。これが仕訳と転記の基本です。

 

 次に商品を150万円で売ってしまいましょう。いろんな処理の方法はありますが、こんな感じになります。

 

売上原価100万円/商品100万円

現金150万円/売上150万円

 

 つまり、商品がなくなるので、左に置いておいた商品を取り消し(右に記録する)、同時にコストである売上原価が発生したと考えます。

 さらに、お客さんからお金を150万円もらえたので、現金という資産が増加する。それはとても嬉しいことなので、売上という表現で記録しておきます。

 

 

 総勘定元帳に記録されたすべての勘定科目の状態(残高)を財務諸表に整理すれば、より分かりやすく会社の状態を説明したり、確認したりすることができます。これが簿記の役割です。

 

なぜ仕訳が必要?

 「簿記は仕訳がすべて」と、よく言われます。理由は、簿記の5要素を動かす(数字を増減させる)ためには、仕訳をつかうからです。しかし、反論もあるでしょう。「直接、貸借対照表とかの勘定科目を書き直せばいいじゃないか!」と。その考えは合っています。でも個人商店であれ大企業であれ、日々の取引は膨大です。お金が増える都度、貸借対照表の現金を書き直すのはしんどい、いや合理的ではありません。だから、一旦、仕訳をきり、その内容を総勘定元帳(そうかんじょうもとちょう)に集計(転記という)し、そこから資産・負債・純資産はB/Sへ、収益・費用はP/Lへと導いていくのです。

 

くどいようですが…

 

なぜそのような仕訳が必要なのか?

 

を、常に意識して下さい。

 

 

仕訳と転記の最終確認

先日購入した土地200をA社に600で売却し現金を受け取った

 以上のように取引があれば、仕訳を行い、その都度総勘定元帳に転記(書き写す)するわけです。

 残高の計算方法は、資産であれば借方-貸方となり、負債は貸方-借方、収益は貸方-借方、費用は借方-貸方となります。とにかく簿記5要素のポジション(左か右か?)を意識して計算・集計しましょう!!

 

 

正式な転記のルール

大事なのはいくら金額が増えたか減ったかであって、日付や相手勘定はメモ程度とみるべき!


サイトマップ
Copyright 2013-2017 e支援.net All rights reserved