手形の会計処理

手形とは法のもと、いつ?だれに?いくら?支払うのかを定めた証券です。もっと簡単に言えば、掛け取引が口約束の状態なのに対し、手形は法的に現金の支払人、受取人が明確になっています。

 

約束手形の会計処理

仕 入 100/支払手形 100   受取手形 100 / 売 上 100

    ↓                  ↓

(後日 支払手形100/当座預金100)(後日 当座預金100/受取手形100)

 

為替手形の会計処理

 A社はC社からの商品仕入の際、以前、B社に対して有していた売掛金を放棄する代わりに、B社に、C社に対しての手形代金の支払いをお願いしたのである。

 

手形処理のまとめ

 

振出人

名宛人

指図人

約束手形

支払手形

受取手形

×

為替手形

手形自体に関する

処理は無い

支払手形

受取手形

 

例題1

 

 A商店に対する売掛金12,000円について、同店振り出し、当店宛ての約束手形を受け取った。

 

後日、期日がくれば、当座預金が増える!

 

例題2

 

 B商店は、かねてから買掛金のあるA商店から同店振り出し、C商店を指図人とする為替手形30,000円の呈示を受けたので、これを引き受けた。B商店の仕訳を示しなさい。

 


サイトマップ
Copyright 2013-2017 e支援.net All rights reserved