【日商簿記2級】

簿記3級をベースにより企業で役立つ実践的な商業簿記を学習します。さらに、製造業で必須な工業簿記の基礎も出題されます。

 

試験概要

実施日

2月 6月 11月 年3回

 

正確な実施日と申込み期日・方法については下記のサイトにてご確認ください

 

日本商工会議所ホームページ

 

第136回(2月実施)の出題意図が公開されました

 

 

簿記2級の受験者数と合格率

受験回 実施日 受験者数 合格率

135

平成25年11月

77,760 22.5%

 134

平成25年06月

58,206 13.9%

 133

 平成25年02月 

76,069  47.6% 
 132   平成24年11月  79,837   22.9%
 131  平成24年06月  64,353  30.7%
 130  平成24年02月  72,040  31.5%
   129  平成23年11月    83,716    44.5%
   128    平成23年06月  69,890  34.8%
       

※受験者数は平成21年11月検定の97,389名が最も多く、やや減少傾向にあります。

 

※合格率は平均30.6%で受験回によってかなりのバラツキがあります。133回の合格率が過去最高となりました。

出題内容

商業簿記 60点

工業簿記 40点

 

70/100点以上で合格

 

株式会社における企業会計の基礎

原価計算の基礎

 

勉強の仕方

  1. 簿記3級を完璧に固めてチャレンジしてください
  2. 商業簿記は簿記3級の知識に枝葉が多くついただけです。何も心配はありません。
  3. 工業簿記が曲者です。ボリュームこそありませんが、基礎知識のレベルで理解が不足しているとまったく歯が立ちませんので、丁寧にインプット中心に時間をかけて勉強しましょう。

 

日商簿記2級にチャレンジする前にこちらの問題が解けるかチェック!

 

>>コンテンツ一覧


サイトマップ
Copyright 2013-2017 e支援.net All rights reserved