現金過不足の会計処理

 帳簿の現金残高と実際の手許残高がずれることがあります。これを現金過不足といい、その事実が判明すれば、すぐに、帳簿の現金の金額を実際の現金の金額に合わせる処理が必要になります。そのときに相手勘定として利用されるのが、「現金過不足」です。

 

・設例

 現金の手許残高は500円であり、帳簿残高は600円であった。差額の原因は不明である。

 

現金過不足 100 / 現 金 100 ①まず帳簿の現金を現実の金額に合わせる!!

②次に、相手勘定として一種の仮勘定である現金過不足をつかう。

 

 当然に、現金の手許残高が帳簿残高より多い場合には、上記の逆の仕訳になります。

 

 現金過不足は仮の勘定ですから、現金がずれた原因が判明すれば、適正な処理がさらに必要となります。

 

 ・上記の現金100円の不足分は、通信費の支払いの記入もれであった。

 

 

通信費  100 / 現金過不足 100 ←取り消す!

 

現金過不足の応用

現金過不足の原因が決算期末までに判明しなければ…

 

・不足の場合(期中、現金過不足/現金 という処理があった。)

 

雑損失 ** / 現金過不足 ** ← 取り消す!!

 ↑費用とする

 

・過大の場合(期中、現金/現金過不足 という処理があった。)

 

現金過不足 ** / 雑収入(または雑益)**

           ↑収益とする

 

サイトマップ
Copyright 2013-2017 e支援.net All rights reserved