日商簿記3級無料通信講座~もう簿記が苦手と言わせない

 とても解りやすく要点を簡潔に絞ったやさしい簿記3級講義動画プログラムです。革新的なカリキュラムと説明で講義回数は、基本となる動画が6回分。1回の所要時間は約45分~1時間。さらに受験対策向けに実践的な講義が1回あります。それぞれの講義に対応するテキストが1講義に約10ページとなっており、これだけで合格です!他の資格系スクールとは一線を画す目から鱗の講義スタイルでド短期合格。簿記が苦手な方も是非この講義動画をみてください。簿記の勉強のイメージがくつがえるでしょう。

 

担当講師のプロフィールはこちら

 

 多くの時間を費やして勉強し、簿記の本質(理解)を深める方法は、決して悪くありません。しかし、現実的に皆様の学習環境を考えると、特にサラリーマンやOLさんの方に共通するのは...「興味はあるが勉強時間がない!」といった事でしょう。だからこそ、休日の1日だけで完了し、復習できるスマートなプログラムが必要と考え、効率のいいシステムを構築しました。ライフスタイルに合わせて無理なく勉強できるのが、合格のゴールへとたどり着く大切な条件です。

 

 ある程度簿記の知識がある方も、必ずステップ1から順番に観ていって下さい。このプログラムは、全体で簿記の本質が理解できるようになっています。具体的な学習方法として、1回ごとに復習する方法、または一気に全回数(約7時間)を一通り観た後に復習する方法など、あなたに適した学習スタイルでトライして下さい。とにかく自由にコンテンツを使ってみましょう!

簿記の基礎と仕訳の基本

ここでは、簿記の必要性や仕組み等を中心に、いかに社会に役立っているのかをみていきます。簡単な設例なども一緒に解いていきましょう。また、今後の学習方法についてもガイダンスしていきます。

取引と仕訳と総勘定元帳・商品売買の処理

簿記・会計の実践的な処理に入っていきます。簿記のルール、つまり構造がどのようになっているのかをみていきます。さらには、身近な商売の取引を想像しながら、どうやって記録を残すのかもみていきます。

試算表・期中取引の仕訳①

過去の記録がどのように集計されるかが、最大のポイントです。今月、いくら売上があったんだろう?のような経営者の関心事をまとめあげます。ここまでくれば、簿記の役立ちと意味はかなり身についているはずです。

期中取引の仕訳②

商品を仕入れた、販売した、の、より細かいルールをみます。また、他の取引との違いにも着目していきます。この回はちょっとだけ小休止で軽い講義になります。

決算整理仕訳

いよいよ実務でも大忙しな決算処理です。この回の内容は、公認会計士・税理士などでも必ず問われます。集中しましょう!具体的には減価償却・貸倒引当金の設定などです。

精算表の作成

毎回のように本試験で出題される、精算表。簡単に言えば、決算書である損益計算書と貸借対照表をいかに作成するかがポイントになります。ここの講義がしっかり理解できれば、合格ライン70点以上も可能です。

実践編・伝票式会計・その他

簿記3級の受験までは考えていないのであれば、この講義は見なくても構いません。しかし、余裕を持って、つまり本試験90点以上を目標にされているならば、絶対に講義を受けて下さい。ではスタートです!!

 

Step1~簿記の基礎と仕訳の基本

 

 


サイトマップ
Copyright 2013-2017 e支援.net All rights reserved