精算表とは

 精算表とは、決算日に、総勘定元帳から各勘定の残高を集計した上で、それらに修正すべき処理(決算整理仕訳)の内容を記入し、確定した各勘定の金額を貸借対照表と損益計算書の欄に移していく一覧表です。

 

精算表の記入の流れ

  1.  資本金と売上の間が分岐点。上記が貸借対照表の項目で、下記が損益計算書の項目と理解する。
  2. 残高試算表をながめて「繰越商品」があれば、三分法なので、仕入/繰越商品、繰越商品/仕入のイメージで、整理記入を埋めていく。つまり決算整理仕訳の内容を写し込んでいくわけです。
  3. 現金~資本金までを集計したうえで、貸借対照表の欄に記入し、売上~仕入までは利益を計算したうえで損益計算書の欄に記入する。
  4. 損益計算書の欄で貸借差額で計算された利益は、純資産の増加でもあるので、貸借対照表の貸方に移動させる。

 

簿記3級の精算表のポイント

  • 何が貸借対照表の勘定で、何が損益計算書の勘定かを理解する。
  • 決算整理仕訳、つまり整理記入が重要です。一度、仕訳をメモしてその通りに記入していきましょう。
  • 整理記入が正確にできたか、借方合計と貸方合計の金額の一致を確認してください。
  • あとは、機械的に「現金」(資産)なら、残高試算表の借方+整理記入の借方-貸方を貸借対照表の借方に記入。
  • 負債なら、残高試算表の貸方+整理記入の貸方-借方、と計算して貸借対照表の貸方に記入します。
  • 収益は貸方から集計して損益計算書へ記入し、費用は借方から集計して損益計算書へ記入します。
  • 損益計算書の欄で貸借差額を計算して、貸方合計が借方合計を上回っていれば「利益」が生じていますので、それを都合上、損益計算書の欄の借方に記入したうえで、貸借対照表の貸方(右下)に移動させましょう!逆に、費用の合計である借方合計が収益を上回っていれば「損失」が生じてしまっているので、P/Lの右に損失の金額を書き、「当期純損失」としたうえで、B/Sの借方に金額を移動させます。
  • すべての記入が終われば、それぞれの欄で貸借の金額が必ず一致します。

 

 上記のような記入の流れを読んでみても、なかなかうまくいきません。実際、私も苦労したのを覚えています。でも、何回も繰り返し練習することにより、より簿記のレベルが上がっていったような気がします。精算表が上達すれば、簿記2級、簿記1級にも役立ちますし、その他の資格である公認会計士試験、税理士試験等にも良い結果をもたらします。ここが踏ん張りどころということです!!

 

精算表における売上原価の記入手順

 3分法を前提に売上原価の計算が、精算表においてどのように記入されていくかの手続きをみてください。

 

 

上記の売上原価の計算記入がうまくできれば、精算表が得意になります。

 

日商簿記3級の精算表の練習問題

以下のPDFファイルをダウンロードして、日商簿記3級レベルの精算表の演習問題を解いてみてください。

 

簿記3級の精算表の問題
簿記3級で必ず出題される精算表の総復習をしておきましょう。
boki3-06.pdf
PDFファイル 139.4 KB

サイトマップ
Copyright 2013-2017 e支援.net All rights reserved