株主資本等変動計算書の意義

 貸借対照表の純資産の部の一会計期間における変動額のうち、主として、株主に帰属する部分である株主資本の各項目の変動事由を報告するために作成するもの。

 

作成の背景

 従来は、損益計算書の末尾において当期未処分利益が計算・表示され、株主総会の利益処分又は損失処理の結果を受けて、利益処分計算書又は損失処理計算書が作成されていた。

 

 会社法において「計数の変動」、「剰余金の配当」などが決算時に限らず随時行うことができるようになったため、貸借対照表及び損益計算書だけでは、資本金、準備金及び剰余金等の数値の変動の連続性を把握することが困難になった。

 

 そこで、株主資本等変動計算書により、株主資本等の時系列的な変動明細を一覧できるようにした。

 


サイトマップ
Copyright 2013-2017 e支援.net All rights reserved