静的貸借対照表と動的貸借対照表の比較

 静態論という債権者保護思考に基づいた貸借対照表とはどのようなものか?。一方、動態論という投資者保護思考に基づいた貸借対照表とはどのようなものか?

 

1資産の認識と評価

 静的貸借対照表では個別的財産価値を有するもののみを資産と捉え、その評価は売却時価によって行われる。これは債権者を保護するために企業の支払能力の算定に重点を置いているからである。動的貸借対照表では将来の収益力要因としての性質を有するものを資産と捉え、その評価は取得原価を基礎に行われる。これは投資者を保護するために企業の収益力の算定に重点を置き、特に株主に対する投下資本回収余剰利益計算が重視されているからである。

2負債の認識と評価

 静的貸借対照表では法的確定債務をもって負債を認識し、その評価は債務額によってなされる。動的貸借対照表では将来の支出要因としての性質をもつものとして負債を認識し、その評価は、法的確定債務については債務額により評価し、負債性引当金については合理的見積額によって行われる。

3貸借対照表の作成方法

 静的貸借対照表は決算において財産及び債務の実地棚卸を行って財産目録を作成し、これに基づいて貸借対照表が作成される。これを棚卸法という。動的貸借対照表は企業資本の循環運動を複式簿記によって描写し会計帳簿を作成し、そこから資産、負債及び資本を導いて貸借対照表が作成される。これを誘導法という

4貸借対照表の機能

 静的貸借対照表では、財産と債務との差額計算によって純財産(正味財産又は債務超過)が算定されることとなり、財産計算の直接手段としての機能を有する。動的貸借対照表では、収支計算と損益計算との期間的なズレから生じる未解決項目を収める場所であり、連続する期間損益計算を連結する機能を有する。

 

 

 

静的貸借対照表

動的貸借対照表

作成方法

棚卸法

実地棚卸→財産目録の作成

→B/S

誘導法

複式簿記→会計帳簿の作成→B/S

機能1

財産計算の直接手段

財産と債務の差額計算→債務弁済力が直接計算される

損益計算の補助手段(連結環)

収支計算と損益計算とにズレ→

未解決項目(支出・未費用項目など)が生じる→

これらを収容することで連続する期間損益計算を連結

機能2

財産状態表示機能

財政状態表示機能

資産・負債の認識

資産=個別的財産価値(換金能力)

負債=法的確定債務

正確な債務弁済能力の算定のため

資産=将来の収益力要因

負債=将来の支出要因

適正な期間損益計算のため

資産の評価

売却時価

取得原価を基礎(+費用配分の原則)

 

サイトマップ
Copyright 2013-2017 e支援.net All rights reserved