貸付金と借入金

お金を貸したら、後日、返してもらうわけですから、それまでの間、資産としての「貸付金」勘定で記録しておきます。

 

 受け取れる利息の計算方法は、元本×年利×貸付日数÷365日です。

 

 現金500円をB社に貸し付けた。貸付期間は73日で利息は年利5%である。なお、利息は返済時に受け取ることとした。

 

・貸し付け時  貸付金500 / 現 金500

・返済時    現 金505   貸付金500

                受取利息  5

← 500円×5%×73日÷365日=5円

(収益であり日割り計算をします)

 

 借入金(負債)の場合も貸付金と全く同じ考え方です。貸借(たいしゃく)逆(左右逆)になるだけで、費用としての「支払利息」が計上されます。

 


サイトマップ
Copyright 2013-2017 e支援.net All rights reserved