簿記を学習することは重要なのか

そもそも「簿記」を学習することは、そんなに大事なことなのでしょうか?

資格系の専門学校の宣伝文句に、「簿記はビジネスの言語です」というのがあります。しかし、実際に私の仕事の経験からすると、ほとんど簿記を意識したり使ったりすることはありませんでした。

職種にもよりますが、企業において簿記の知識が生かされるのは、経理部門と投資部門です。あと製造部門の管理者も挙げられますが、多くの従業員は実際に簿記を意識することはありません。

理由は簡単です。

簿記は経済活動を”あとで記録”する道具なので、現在、おこなっている仕事について簿記を意識することはないからです。しかし、簿記のルールに従って作成された財務諸表をみる能力は必要なのは言うまでもありません。

この基本的な事実をちゃんと理解したうえで、本当に勉強する価値あるものかを考えるべきです。


サイトマップ
Copyright 2013-2017 e支援.net All rights reserved