財務諸表論を勝ち抜く方法

 年に一度の国家試験ですからただならぬ緊張感もあるでしょう。しかし、わたしの受験経験からすれば、国家試験の合否は人生を左右することはあれども、生死を左右するものでないので、まったく緊張しません。

 

 無神経な馬鹿と言われればそうですが、周りの受験生はもっと馬鹿です。戦略的な受験勉強ができていない。このサイトをみた受験生は薄々感じていると思いますが、税理士試験の財務諸表論の合格に必要な要素は何かを感じ取ってきたのではないでしょうか?

 

 計算問題ではあまり得点差は生じません。合否を決定づけるのは、50点の理論です。ここで基礎的な問題を取りこぼさずに、応用理論を簡潔に書きまとめることです。それさえできれば、普通に合格できます。

 

 財表はかなり舐めてかかる受験生が多いので、合格答案とはどういうものかを把握していれば、余裕で勝てます。合格答案とは、会計基準の重要規定文がしっかり書けて、その理屈を理解している答案です。ただそれだけのことです。加えて、計算問題で簿記論以下の計算力と注記を並列処理できるか?。このテクニックさえ身に付いていれば問題なく合格です。

 

 ラストスパートに向けて、上記のことを意識して余裕で合格してくださいね!

 


サイトマップ
Copyright 2013-2017 e支援.net All rights reserved