税理士試験受験生の正念場・山場はまさに3月と4月

 科目にもよりますが、税理士試験の受験生は3月、4月が夏の本試験に向けて大切な時期だとおもいます。理由は、前年の9月から学習スタートした方なんかは、年内で基礎固めが出来ていることを最終チェックが可能なタイミングがこの直前期前だからです。

 財務諸表論にせよ簿記論にせよ、もしも計算の基礎がきっちり仕上がってなければ、5月からの答案練習でコテンパンにやられてしまうでしょう。現に、そのような部分で仕上がりが悪い生徒さんは、いきなりの基礎レベル答練でクラスの中で上位20%にも入れず、精神的ショックを受けていました。

 生徒さんの特性にもよりますが、多くの受験生は年内の地道な訓練の差により、ゴールデンウイーク前の期間で、合格確率がかなり固まってしまうのです。

 だからといって焦ることもないんですが、チョット出遅れ感があるならば今がチャンス!!なので、テキストベースから丁寧に理解力を確認してください。目先の得点力にこだわりすぎるとろくでもない事になってしまいます。あせらずジックリとなんですね。生涯に一回あるかないかの貴重な会計学の研究の場なので、楽しみながらやってもらいたいです。

 是非とも経営者を助ける参謀役的な税理士さんになっていただきたいです。税法と会計のスペシャリストは必要かつ貴重な存在だと考えます。



サイトマップ
Copyright 2013-2017 e支援.net All rights reserved